話題のラブライブのスマートフォンゲーム

ラブライブは元々は雑誌の企画から生まれた二次元アイドルコンテンツのプロジェクト名です。キャラクターと基本の設定だけをまず作り、そのキャラクターに担当の声優をつけて歌を歌ってもらう。そしてアニメを作ってそのアニメの中でキャラクター達が歌って踊り、また今度は声優達がアニメに合わせて歌って踊る。そのように二次元と三次元の垣根を超えて盛り上がり続けていたのがラブライブで、昨年はついにアニメの劇場版を公開しそのあまりの評判から声優達がミュージックステーションや紅白歌合戦に出場するほどの社会現象と呼べるまでの活躍を見せました。

しかし、その活躍の裏にはもう一つ大事なコンテンツの存在があります。それがスマートフォンアプリゲーム、ラブライブスクールアイドルフェスティバルです。通称スクフェスと呼ばれるそのゲームはアニメで流れた楽曲に合わせて画面をタップするリズムゲームで、すでにダウンロード数は全世界で二千万を超えていると言われています。シンプルなルールで誰でも簡単に楽しむことができるのに加えて、膨大な数の楽曲をゲームに合わせて聞くこともできます。

フルサイズでこそありませんが、このゲームをきっかけに楽曲に親しんでまたアニメやライブに興味を持っていくという素晴らしいユーザーの循環が生まれているのがスクフェスの大きな特徴です。ゲームをプレイしている間は、とにかく楽曲を聞き続けることになるのでその宣伝効果は普通のCMなどとは比べものになりません。実際に発売されたCDは全て数万枚を売り上げ、音楽配信サイトにおいても長い間トップランクにランクインし続けています。このように飛ぶ鳥を落とす勢いが続くラブライブですが、劇場版と紅白歌合戦で頂点を極めてしまったかのように春にはファイナルライブの開催が発表されています。ですがすでに初代メンバーの後を継ぐ新しいユニットが生まれており、アニメやゲームにも新しい展開が強く期待されているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ