最初は興味本位で見始めたアニメでしたが…

私はいわゆるラブライバーです。恐らくラブライバーと聞いてピンと来る人はごく一部であると思いますので、一応説明致します。ラブライバーとは、ラブライブというアニメ、ゲームが好きで好きで好きでたまらない人たちのことを一般にラブライバーと称して呼んでいるようです。私は今までオタクという文化には無縁でした。中高とサッカー部に勤めていましたし、彼女だっていなかった時期が無いほどです。アニメなんかもちろん見ませんでしたし、秋葉原にだっていったことありませんでした。
ですが大学時代に同じサッカーサークルに所属していた先輩に勧められて、一話だけラブライブを視聴することにしたのです。もちろん正直言って得意な先輩ではありませんでしたし、オタク文化にも興味なんかなかったので、一話だけ見て適当に話を合わせて終わらせるつもりでした。しかしこの選択が私をラブライバーという道に進ませることになったわけです。
ラブライバーというのは誰だってなることができます。ラブライブが好きであれば誰でもなることができるんです。それが理由だからかは分かりませんが、最近ラブライバーが世間を騒がせているという話をよく聞きます。路上で迷惑行為をしたり、ライブ会場で迷惑行為をしたりとあまりいい噂は入ってきません。
私はラブライバーとして誇りをもっています。ですのでラブライバーとして人様の迷惑になるような行為をする輩が許せません。そういう行為を行う人がいるせいで、ラブライブ自体が悪いものとして扱われることが我慢できないんです。
しかし今となって考えてみたら、今まで人とコミュニケーションを取ってこなかったオタクほど、はっちゃけたら迷惑な存在になってしまうのかもしれません。人との接し方がわからないので、結果人に迷惑をかけることになってしまうんだと思います。そういう人たちばかりで無いということを分かってもらいたいのですが、時既に遅し…ラブライバーの評価をあげるのは一筋縄ではなさそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ